信州移住のための土地・家探し 信州で暮らす信州移住のための土地・家探し 信州で暮らす

長野県移住 / これからのくらしを信州で

ライフスタイルや働き方が大きく変わりゆく中、地方での生活を選ぶ人が増えています。
信州は生活のすぐそばに自然を感じることができるロケーションでありながら
首都圏へのアクセスも良く、全国の移住先ランキングでも上位に入る人気のエリアです。

豊かな自然、文化や街の魅力、人との繋がり。移住を望む方の理由はさまざまですが
サンプロ不動産ではお客様が本当に求めているくらし方や価値観に寄り添いながら
住まい・土地探しのサポートを致します。

移住STORY

サンプロ不動産で住まいをみつけて信州に移住した方に、移住のきっかけや移住地での暮らし方・働き方を聞いてみました。

#01

大好きなスキーが縁で
町の雰囲気が気に入った松本へ
松本市在住 I様

松本市在住 I様/出身地:愛知県 購入物件 : サンプロ分譲住宅

#02

思い立ったが吉日!
心の声に従って
北アルプスが望める場所へ
安曇野市在住 A 様

安曇野市在住 A 様/出身地:東京都 購入物件:中古住宅

松本・塩尻・安曇野のくらし

松本MATSUMOTO

交通や買物に便利で北アルプスを望む都市

  • 長野県の主要都市で長野市に次いで人口が多い
  • 楽都、岳都、学都の三つのガク都松本
  • アクセスが便利な立地(電車・バスで東京まで約3時間程度)
  • 百貨店や大型商業施設、ショップが充実しているのでショッピングも楽しめる
  • 飲食店・CAFE・BARも多く、仲間や家族と楽しんだり、一人でゆっくり時間を過ごすこともできる。
  • 高層建物を抑制するなど、街から望む美しいアルプスの景観を尊重している
  • 松本城とその街並みや上高地など観光名所も多数
  • 街や公園で開催されるイベントもりだくさん
  • 眺望期待のマンション人気も高く、戸建てに限らずのマンションライフもおススメ
  • 一般的に販売される土地は45坪~65坪程の大きさが主流

塩尻SHIOJIRI

子育て環境充実!自然と隣り合わせの街

  • 長野県のほぼ中央に位置市、ゆったりとした閑静な郊外エリア
  • 松本市と隣接しているので利便性が高い
  • 好アクセス(電車・バスで東京まで約3時間程度)
  • 住宅街が多く、ファミリー層に人気が高い
  • 奈良井宿などの観光名所や、ぶどうの名産地でワイナリーも多い
  • 「子育てしたくなるまち日本一」を目指し、行政や地域が子育て支援に注力しているのでファミリー層は注目のエリア
  • 分譲マンションや中古住宅の数は松本市に比べると少なめ
  • 一般的な販売される土地は45坪~65坪程の大きさが主流

安曇野市AZUMINOSHI

美しい田園風景が広がる人気移住エリア

  • 360℃ 田園と山に囲まれ、雄大な自然を身近に感じることができる環境
  • 屋外アクティビティが充実しており、アウトドアを楽しみたい方にぴったり
  • 松本市と隣接しているので利便性が高い
  • オシャレなカフェやベーカリーも多く、市内外からの来訪者が多い
  • 自然豊かな公園や公共施設、温泉や温浴施設が充実している
  • 多様なライフスタイルで暮らす移住者の多いエリア
  • 行政の移住促進が進んでいて、移住関連情報や窓口も多い
  • 1件あたりの物件敷地が広く、お庭づくりや家庭菜園が楽しめる
  • 一般的に販売される土地は55坪~75坪程の大きさが主流
  • 穂高の別荘エリアは温泉付き物件もあり

信州のくらしのポイント

自然豊かな信州で暮らしたい!でも転職や移住を考えたときに、その場所が自分のライフスタイルに合っているかどうかを見定めることも必要です。街の利便性や移動手段、働き方など都市部では当たり前だったことがなくなってしまうこともあるので、メリット・デメリットをしっかり知っておきましょう。

  • POINT 1

    車社会

    信州での主な移動手段はマイカーです。車の免許やマイカーがなければ買い物や仕事の移動など生活に不便を感じることも。街の中心部や駅前などは、買物施設や電車・バスなどの移動手段も充実していますが、首都圏ほどの本数は運行してないのでご注意。

  • POINT 2

    自然アクティビティ豊かな土地

    登山やキャンプ、ハイキング、サイクリング、大型の公園施設に、冬はウィンタースポーツなど恵まれた大自然を楽しむアクティビティは無限大!
    一方で商業施設やレストラン、遊園地や映画館、コンサートや美術館の展示企画などは都市部に比べて数は少ない。

  • POINT 3

    働き方

    長野県では都市部に比べて仕事の選択肢や求人数は少なく、転職により給与が下がる場合もありますが、「リゾートワーク(ワーケーション)」やテレワークなどの多様な働き方を推奨しています。また業界によっては少子高齢化で人材不足のため、新しい働き手として歓迎されるケースもある。

  • POINT 4

    マイホームも夢じゃない

    都市部に比べて圧倒的に家賃が安い。賃貸の場合、1LDK駐車場込みで松本市なら約5~5.5万円程度で探すことができる。土地代も全国平均や都市部と比べて比較的安価なので、賃貸とさほど変わらない住宅ローンでマイホームの計画を立てることができます。

住まい・仕事探しのポイント

移住先で住まいを探すとき、地域の選定・賃貸か購入の選択・実際の物件選びなど多くの選択肢があります。土地勘のない中で住まいを探すためには、自分たちの移住の目的を中心にできるだけ多くの情報を集めることが重要です。
また地方で仕事を探すとき、都会に比べて選択肢や収入はどうしても少なくなります。現地就職が難しい場合は、全国各地のテレワーク推奨企業も視野に入れて柔軟に探すことで、移住&転職のチャンスを掴むことができるかも!

  • POINT 1

    移住の目的を明確に

    「アクティビティを楽しみたい」「のびのび子育てしたい」「農業を始めたい」「スローライフを送りたい」「自然のそばでくらしたい」など移住の目的を明確にすることで、住む場所はおのずと決まってきます。また、家族と移住する場合は、移住の理由や想いをしっかり共有しておきましょう。

  • POINT 2

    現場を知る

    住みたいと思うほど好きで何度も訪れたことがある場所でも、「くらす」となると街を見る視点を変えなくてはいけません。離れた土地の場合何度も現地下見ができることも少ないので、インターネットで自治体情報を調べたりGoogleマップで近隣の様子を確認するとベター。

  • POINT 3

    転職で減収?生活費も下がる

    都会に比べて地方は同じ職種でも年収が下がることも。しかし家賃や土地相場が安いので比較的住居費は抑える事ができます。また、車社会なのでお酒を飲むような飲食費・交際費などの生活コストが低くなることが予想されるので、実質的には生活レベルにあまり変化はないケースが多い。

  • POINT 4

    転職は視野を広く!

    まずは転職サイトや移住先のハローワーク、自治体などで、自分が就きたい仕事があるか探してみましょう。また移住先の地元のコミュニティとつながりをもつことが転職のきっかけになることも。今までの経験業種や職種にとらわれず、テレワーク推奨企業を含め、視野を広げることも重要です。

新規&値下げ

会員登録3つのメリット