サンプログログ

  1. HOME
  2. サンプロ不動産 実況ブログ
  3. 2017年12月

11件

「新築を建てた方が良いに決まっている!」
と思い込んではいませんか?そのように決断する前に、リノベーションの良さをもう一度見直してはいかがでしょうか?
そこで今回はリノベーションのメリットについてご紹介します。
○物件の選択肢が増える
ご希望の条件にあった物件を探すのにとても時間を使ってしまったり、長い間探してもピンとくる物件が見つからなかったことはありませんか?
新築の物件を探すという目的にとらわれてしまっていて、時間がもったいないですよね。
そんなあなたにリノベーションがおすすめです。
リノベーションを前提に家を探すことで、希望する条件を少なくすることができ、中古の一軒家やマンションを選択することも可能になります。
というのも、もちろん場合によりますが、中古の物件を購入し、リノベーションをした方が新築を購入するより安くてお得なこともありえるのです。
○自分好みの設計ができる
新築を探していると、立地も間取りも最高なのにキッチンが気に入らない、ベランダがないなどの理由で購入を悩んだことはありませんか?
物件にあわせて、自分の理想の暮らしを変えるって変な話ですよね。
そんなときはリノベーションをしましょう。
リノベーションは予算の限りなどありますが、ほぼ自由に自分の好みに家を作り替えることができます。
間取りであったり、システムキッチンであったりほしいものは我慢せずに作っちゃいましょう。
○家について詳しくなれる
リノベーションをするとなったときに、建築士の方と相談する機会が出てきます。
その際に、家の特徴などを聞くことによってプロ目線の意見が分かります。
新築を購入する場合などでは得られない知識もたくさんあるでしょう。
いかがでしたか。
今回はリノベーションのメリットについてご紹介しました。
リノベーションを考えて家を決めると、家探しにかかっていた時間が驚くように短くてすみます。
新築しか考えていなかった方は、ぜひリノベーションも頭の隅に置きつつ、家探しをしてみましょう。

カテゴリー : 不動産情報ブログ知らないと損?見直しておきたいリノベーションのメリット はコメントを受け付けていません。
今年も一年、ありがとうございました!!!

こんにちは!


食べることが大好きな、不動産部の 鈴木 です!!!

皆様、今年一年間は、どの様な年でしたでしょうか?
いい事も、そうでない事も、たくさんあったかと思いますが、
また、来年に向けて、
いいイメージをしながら、あとわずかしかない今年を楽しみましょう。
わたしは、食べすぎに注意します。
とにかく、周りから言われますので・・・・・
弊社の年末年始の休日は、
平成29年12月29日(金) ~ 平成30年1月3日(日) に なります。
それでは、
また来年も、
皆様、宜しくお願いいたします。
寒い日が続きますので、皆様体調には十分お気をつけください。
*******お問い合わせはこちらから*******
電話番号 0263-50-8150   9:00~19:00 火曜日・水曜日定休
FAX    0263-88-8172 24時間受付中
e-mail   contact@sunpro36.co.jp 24時間受付中
********************************
カテゴリー : 未分類もう今年も残りわずかですね!!! はコメントを受け付けていません。

信州松本市,塩尻市,安曇野市などの中信地区を中心に、土地情報・不動産情報を配信しているサンプロ不動産のブログです♪
こんにちは!宮下ですicon16

明日はクリスマスイブですねicon27
お仕事の方も、お休みの方も楽しいひと時をお過ごし下さいface02
私は・・・悲しいことに?予定はないですが、タマには早く帰ろうかな~と思います。。
さて、本日の物件ご紹介します。
村井駅は2020年着工目標で駅舎の改修工事と、それに伴い
西口の開設が予定されております!!
 
本日ご紹介の物件はその駅の西口が出来ると益々便利になる
場所にある、自然素材を使ったお家です。
外観はこ・ち・ら↓↓↓
 
北道路に面し、ご覧の通りクルマが並列3台で駐車可能です!(オススメポイントその①)
リビングの前にはウッドデッキ(オススメポイント②)
間取りのご紹介です、1Fにリビング以外に和室&洋室があり、
1F居住スペースが広いのが特徴です。(オススメポイントその③)
1,2F両方にトイレがあり、収納も豊富ですねface05
※こちらの物件は、売主様居住中のためご見学の際は事前にご予約をお願いしております。
双方のご予定を伺って、お時間調整させていただきます。
<物件概要>
価格:****万円
松本市村井町西一丁目
土地面積:177.14㎡/53.58坪
建物面積:125.87㎡/38.07坪
構造:木造合金メッキ鋼板葺2階建て
間取り:5LDK
築年月:2006年9月 築11年
引渡し時期:契約後3カ月
自己資金**万円
****万円の借入をした場合の返済例はこちら★
月々 *****円
※金利1.05%(当初10年固定) ※借入期間35年
お問合せは下記電話番号まで!
皆さんからのご連絡お待ちしております♪
※こちらの物件はご成約となりました。たくさんのお問合せありがとうございました!
*******お問い合わせはこちらから*******
電話番号 0263-50-8150   9:00~19:00 火曜日・水曜日定休
FAX    0263-88-8172 24時間受付中
e-mail   contact@sunpro36.co.jp 24時間受付中
********************************
カテゴリー : ウッドデッキ, 不動産情報ブログ, 松本市の不動産, 自然素材=売約済=村井駅西、築11年一戸建て、駅近、5LDKお預かりしました!! はコメントを受け付けていません。

「リフォームは聞いたことあるけどリノベーションって何なの?」「言葉が違うだけで中身は一緒なんじゃないの?」
などと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
この二つは同じように見えて、実際少し異なっているのです。
そこで今回は、リフォームとリノベーションの違いについてご紹介します。
○リフォーム
最近では、ありふれた言葉になっていますが、ここでもう一度リフォームについて考えてみましょう。
リフォームとは、老朽化した建物を新築の状態に戻すための工事のことを指します。
例えば、外壁の塗り直しやキッチン、トイレなどの水回りの設備の変更、新しい壁紙に貼り直すなどが挙げられます。
リフォームの目的は、あくまでも修復、元の家の状態に作り直すことです。
イメージとしては、マイナスの状態からプラスの状態まで戻すというものが近いでしょう。
○リノベーション
リフォームと比べると、リノベーションはずいぶん聞き慣れない言葉ですよね。
リノベーションは、直訳すると「刷新」であることからも分かるように、全く新しいものを作ることです。
例えば、耐震性を高くするために壁の補強をしたり、ベランダ・バルコニーを設置するなどが挙げられます。
リノベーションの目的は、家の価値の向上です。
イメージとしては、プラスαで新しいものをつくり、価値を上げるというものが近いでしょう。
いかがでしたか。
今回はリフォームとリノベーションの違いについてご紹介しました。
これらの言葉は、世間でよく使われる割には意外と何となくのイメージしか分かっていない人もいるでしょう。
簡単にまとめると、
・リフォームは古い部分の補修や家の内外の変更程度にとどまる修復
・リノベーションは増築・改築あるいは建物の用途をかえたりなど資産価値を高めるための大規模な改造
と言ったものでしょうか。
これらの言葉は使い分けられていることもありますが、その差は曖昧になってきています。
しかし、どちらも近年よく使われる言葉であるのでこれを機会に覚えておきましょう。

カテゴリー : 不動産情報ブログあなたは知ってる?リフォームとリノベーションの違い はコメントを受け付けていません。

2017年12月22日(金)

年末年始休業のお知らせ

いつもサンプロ不動産をご愛顧頂き、ありがとうございますicon01
誠に勝手ながら、下記の通り年末年始休業を頂きます。

■休業期間
2017年12月28日(木)の正午12:00~ 2018年1月3日(水)

■休業中のお問い合わせについて
2018年1月4日(木)より順次対応させていただきます。
なお、お急ぎのお客様は090-7007-3135(青柳)までご連絡下さい。

お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、
何卒ご了承頂けますようよろしくお願い致します。

サンプロ不動産スタッフ一同
カテゴリー : お知らせ年末年始休業のお知らせ はコメントを受け付けていません。

長野県松本市,塩尻市,安曇野市,東筑摩郡などの中信地区を中心に、土地情報・不動産情報を配信しているサンプロ不動産のブログです♪

こんにちはface01
サンプロ飲食事業部の荒井ですicon28
いつも不動産のご紹介ばかりですので
たまには違う企画をicon09
ということで、今日はサラメシ風に不動産屋のお昼ご飯でも
ご紹介しようと思っていました。
第一回は塩尻市役所の五階の食堂
山賊焼き定食を予定しておりましたが
写真を撮るのを忘れ気がついたら半分も食べていましたface08
ですのでこちらの企画は次回以降でicon10
(ちなみに500円でご飯盛り放題icon14
今日は里山辺の中古マンションのご紹介です。
お値段はなんと***万円
リフォームはしておりません!
なぜなら買主の方にはお安く買っていただき
好みのリフォームをしていただきたいからなのですicon23
間取りは下記です。
 

 

南東角地で日当たり良好です。
冬でも晴れた日は暖房いらないくらいです。
夏は。。icon10
気になる方は下記までご連絡を!

 

*******お問い合わせはこちらから*******

 

電話番号 0263-50-8150   9:00~19:00 火曜日・水曜日定休
FAX    0263-88-8172 24時間受付中
e-mail   project@po.mcci.o

r.jp 24時間受付中

 

********************************

カテゴリー : 松本市の不動産=売約済=里山辺マンションのご案内です。[6942] はコメントを受け付けていません。

「新築より安いんだったら、リノベーションでもう決まり!」
ここで、もう一度考えてみましょう。何事もよい面と悪い面があるものです。
それは、リノベーションに関しても同じです。今回はリノベーションのデメリットについてご紹介します。
○住むまでに少し時間がかかってしまう
通常、家を購入すると引き渡しが終わればすぐに住むことができますが、リノベーションをする場合は引き渡しされてから建物検査や設計、施工に入ります。
そのため、工期が終わるまでは住むことができません。
また、複雑なものを作ろうとすると建築士とのしっかりとした相談が必要となります。
仕事などで忙しく、なかなか打ち合わせする時間がとれない方や今すぐにでも住みたい方にはあまり向いていないかもしれません。
○耐久性・耐震性について考えないと大変なことに
リノベーションを前提として、中古物件を買う人もいるでしょう。
しかし、このときに耐久性・耐震性を考えていないと、リノベーションした際に余計にお金がかかってしまう可能性があります。
築年数が古い建物の場合、現在の耐震基準を満たしていない場合があります。
そのため、耐震改修工事が必要になったりして費用が大幅に上がることもあります。
結果として、新築より高くなってしまったらリノベーションをした意味が半減してしまいますので注意しましょう。
○ローンの金利が高い
家を購入後にリノベーションをする場合、一般の住宅ローンが利用できません。
それゆえ、リフォームローンを利用する必要があります。
ここで問題なのが、リフォームローンの金利です。
リフォームローンの金利は、一般的に住宅ローンの金利よりも高く設定されていることが多いのです。
リノベーションをする場合には、しっかりとした資金計画も重要になってきます。
しかし、リノベーション済みの物件であれば、住宅ローンが利用できますので、安心です
いかがでしたか。
今回はリノベーションのデメリットについてご紹介しました。
デメリットとして挙げましたが、ほとんどが少し気をつけるだけで解消できる問題です。
家の購入で迷われている方は、リノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー : 不動産情報ブログ失敗したくない!知っておきたいリノベーションのデメリット はコメントを受け付けていません。

「中古マンションって安くて良いじゃん!」
ちょっと待ってください。中古マンションが新築に比べると安いことは間違いないですが、見落としている点はないですか?
中古マンション選びで失敗しないために、今回は中古マンションの選び方をご紹介します。
○立地条件
「駅から徒歩○分のおすすめ物件!」といった言葉を聞いたことはありませんか?
実際に駅の近くに住むことはとても便利な生活が送ることができるでしょう。
しかし、実際に部屋を見に行きましたか?
駅には近いけど改札口までを考えると同じ条件でもっと良い場所があったりしたら損ですよね。
しっかりと自分で現地までいって希望通りの物件か見極めましょう。
○築年数
当たり前のことですが、基本的には古くなれば古くなるほど中古マンションの価格が安くなります。
「物件選びで築年数は気にしない」といった確固とした気持ちがあるのであれば、より古い物件を選ぶのがベストでしょう。
しかし、古い物件を選ぶ際でも耐震性には注意して選びましょう。
ご存知の通り、日本は地震の多い国です。
そのため、地震に対する備えがしっかりしていて、それはマンションにも当てはまります。
ですが、1981年(昭和56年)以前に建てられた物件は新耐性基準を満たしていないこともあります。
日本に住み続ける限り、地震はつき合っていかなければならない問題なので、地震がきても安心できる家を選びましょう。
○管理体制
古いマンションで気になる点と言えばセキュリティに関してですよね。
中古マンションではオートロックでないことも、もちろんあります。
こういった理由も中古マンションが安い理由の一つではありますが、場所によっては管理人がいたり、監視カメラがあったりするので、部屋以外の設備に関してもしっかりと確認しましょう。
いかがでしたか。
今回は中古マンションの選び方をご紹介しました。今回挙げた項目はあくまで一部にすぎません。
ご自身の一番大事にする項目を見定めた上で、納得のいく物件を選びましょう。
当社では、プロとしての意見もご提供できますので、ぜひ一度ご相談ください。

カテゴリー : 不動産情報ブログ意外と知らない?住む前に知りたい中古マンションの選び方 はコメントを受け付けていません。

長野県松本市,塩尻市,安曇野市,東筑摩郡などの中信地区を中心に、土地情報・不動産情報を配信しているサンプロ不動産のブログです♪
こんにちは!望月ですicon22
ついに雪が舞い、車に若干積もりましたねicon04

長野の冬がやってきますicon16
スキー、スノーボード、温泉、こたつでぬくぬく
寒いけれど、楽しめる事もいっぱいありますよね!
12月もというよりは、今年も残すところ後3週間icon01
風邪ひかずに最後まで駆け抜けましょう!!
それでは物件を紹介しますface03
本日の紹介物件はこちらicon25
face02松本市平田西中古住宅face02

 


水廻りも綺麗に使われてるので、そのまま引越しすれば住めますね!


間取りも2世帯可能な部屋数、書斎も有り、事務所兼なんて考えもいいですよね
詳細な間取りや資料は現在作成中です!!

 

 

おすすめポイント!!

 

 

☆7SLDK+書斎の贅沢間取
☆駐車3台以上可能!
☆大手ハウスメーカーの軽量鉄骨造
☆芳川小まで徒歩7分!筑摩野中まで徒歩約14分!
☆北西角地の立地!

 

 

 

 

 

<物件概要>

 

 

価格:4,690万円

 

松本市平田西

 

土地面積:323.86㎡/97.96坪

建物面積:258.65㎡/78.24坪

構造:軽量鉄骨造スレート葺2階建て

間取り:7SLDK+書斎
築年月:2000年11月 築17年

 

自己資金190万円
4500万円の借入をした場合の返済例はこちら★
月々 125,982円
※金利0.975% ※借入期間35年
この近辺で事務所を開くとしたら、相場賃料7万円前後ですかね。。
居住費と、事務所代考えてみると・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せは下記電話番号まで!

 

 

 

 

 

皆さんからのご連絡お待ちしております♪

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また村井町西でも築11年の中古住宅が販売になります!!!

 

 

 

 

詳しくはスタッフまで気軽にお問い合わせくださいませ

 

 

 

 

face05

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

*******お問い合わせはこちらから*******

 

 

電話番号 0263-50-8150   9:00~19:00 火曜日・水曜日定休
FAX    0263-88-8172 24時間受付中
e-mail   project@po.mcci.o

r.jp 24時間受付中

 

********************************

 

カテゴリー : 松本市の不動産☆芳川小学校 中古物件☆ [7008] はコメントを受け付けていません。

中古住宅購入をお考えのみなさんは、何を基準に物件を決めていますか。
「とにかく安い物件が欲しい。」
「できるだけ広い家に住みたいな。」
など、いろいろな考えがあると思います。
しかし、家の広さや安さだけで決めてしまっては、住んだ後に、「思っていたものと違う」と後悔してしまうかもしれません。
そこで今回は、中古住宅を購入する前に確認すべきことを、3つに絞ってお話ししたいと思います。
◆現地に出向き「周辺環境」をチェックする
最近はインターネットで、その物件の雰囲気や条件をほとんど見られるようになりました。
しかし、それだけでは「周辺環境」まで見ることはできません。
家の境界線部分や、日当たり、近隣の家の雰囲気などをチェックすることが大切です。
また、それだけではなく、最寄りの駅までのルートを確認することも重要になってきます。
「駅まで、徒歩何分かかるのか」、「駅の利便性はどうなのか」を自分の目と足でしっかりと確認することで、その街の住みやすさをチェックすることができるのです。
◆築年数
築年数は絶対に調べる必要があります。
なぜなら、昭和56年以前に建てられた住宅は、耐震基準が古いものなので、地震が来た時に倒壊する恐れがあるからです。
そのような物件を購入する場合は、大規模なリフォームをする必要があります。
◆条件が良すぎる場合はその理由を聞く!?
中古住宅には、掘り出し物はありません。
あまりに良い条件の場合、なぜこのような条件で売っているのかを担当者に聞きましょう。
なぜなら、以前トラブルがあった物件の場合、購入後にもトラブルが起きる可能性が高いからです。
◆まとめ
購入前に確認してほしいことを、わかっていただけたと思います。
インターネット上の情報だけでは、わからないことがたくさんあります。
そのため、自分自身で足を運んで見ることや、その物件の担当者の方から、必要な情報をしっかりと聞き出すことが重要なのです。
少し面倒かもしれませんが、自分から情報をつかみに行き、理想の中古住宅を購入しましょう。

カテゴリー : 不動産情報ブログ中古住宅購入を考えている方必見! 購入前に確認すべき3つのポイント はコメントを受け付けていません。

11件

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー