サンプロコラム
  1. HOME
  2. 不動産コラム

222 件

1 2 3 4 5 6 23

売買契約で説明されることは専門的で難しく、多くの方はどこが重要なポイントかわからないでしょう。
しかし、説明されていたことを理解しないまま契約してしまうと、後からトラブルが発生することがあります。
今回は、松本市で中古住宅の購入を予定している方に、売買契約の流れを解説します。

□売買契約の流れについて

売買契約は3つのステップで進みます。

まず、不動産会社から重要事項説明を受けます。
重要事項説明とは、契約前に購入物件に関して重要なことを不動産会社が説明することです。
契約前に物件の説明は聞いておかないと不安ですよね。
重要事項説明書を使用して購入者に説明するのは、法律で宅地建物取引士が行うことが義務付けられています。

次に、売買契約を締結します。
重要事項説明に納得していただいた場合、購入者が書面に署名と押印して売買契約が締結されます。
事前にこの押印に使用する印鑑が、認印か実印を確認しておくと良いでしょう。
契約内容を理解することは大切ですから、納得できるまで質問しましょう。
また、時間をかけて契約内容を読み込みたい場合は、事前にコピーをもらって説明に臨むと良いかもしれません。

最後に、住宅ローンの申込書類の準備です。
住宅ローンを借りる場合は、申込書類を記入して準備をする必要があります。
申込書類を作る日程は不動産会社と相談して決めましょう。
また、ここでも押印に使用する印鑑は認印か実印か確認しておきましょう。

□重要事項説明書で注意するポイント

ここでは、重要事項説明書で注意するべき2つのポイントを紹介します。

*物件についての項目

物件の所在地や間取り、築年数といった情報が聞いていたものとずれていないか必ず確認しておきましょう。
ほかにも、物件に抵当権が設定されているかどうかも確認しておいた方が良いです。
抵当権とは、住宅ローンでお金を借りて返済できなかった場合に土地や建物を担保にする権利のことです。
抵当権が残ったままで、購入した物件の売主がローンを返済できなかった場合、物件が競売にかけられてしまいます。
引っ越しまでに売主の抵当権が抹消されるか確認しておきましょう。

*法律上の制限についての項目

築年数が古く、建築基準法を満たしていない物件は、再建築ができないことがあります。
また、建ぺい率も確認しておいた方が良いでしょう。
このように法令に基づく制限事項がないか確認しておきましょう。

□まとめ

売買契約は、重要事項説明を受け、契約を締結し、住宅ローンの申し込みを行うという流れで進むことを押さえておきましょう。
説明内容や書類内容でわからないことは必ずなくし、トラブルが発生するのを未然に防ぎましょう。

カテゴリー : コラム

人生で住宅を購入する経験は、多くの方は1回しかないと思います。
経験がないため、物件探しや契約時に問題に気付けず、後からトラブルが発生することがあります。
トラブルなく、スムーズに購入手続きを行いたいですよね。
今回は、松本市で中古住宅の購入を検討している方に、契約する際の注意点について解説します。

□契約前の注意点

まず、契約を行う前の物件探しで失敗しないようにしましょう。
中古住宅の物件探しは、なるべく多くの物件を確認することが大切です。
入居予定日ギリギリまで物件見学を行わないと、数件の物件しか確認できないまま契約を決めることになるかもしれません。

また、物件を現地で確認せずに契約を決めてしまう方もいます。
物件を実際に自分の目で確認しなかった方は、後から物件と合わなくて不満を感じる方が多いです。
そのため、物件探しは必ず現地に行き、自分の目でチェックするのが良いでしょう。

□契約時の注意点

中古住宅を購入後に、リフォーム工事で穴をあけてみたら表面的にはわからなかった雨漏りやシロアリ被害の欠陥を発見することがあります。
前の住人が起こした不具合にも関わらず、自分が修繕費を払うことになったら困りますよね。
そのため、売買契約締結時に必ず確認しておきたいことが2つあります。

1つ目は、不具合が発生した場合に責任を負うのは誰か確認することです。
前の住人もわざと不具合を起こしている訳ではなく、住宅を売る際に気付いていないことの方が多いでしょう。
そのため、多くの場合、売主は雨漏りやシロアリ被害のみ修復義務の責任を負います。

しかし、「契約不適合を免責する」と特約があり、売主の責任にならないこともあります。
このように責任を負う範囲は契約内容によって変わるため、必ず確認しておきましょう。

2つ目は、補修費用を誰が払うのかということです。
責任の所在がわかっても修繕費を負担してもらえないと、結局自分が負担することになりますよね。
責任を負う人がどれくらい修繕費を支払うのかも必ず確認しておきましょう。
また、売主の責任範囲を超えて修繕費用が保証される保険もあるため、調べてみても良いかもしれません。

□まとめ

今回は、中古住宅の購入を検討している方に、契約時の注意点を解説しました。
契約をする際には、物件の状態や契約内容について必ずしっかりと確認しておきましょう。
言っていたことと契約内容が異なるというトラブルもよくあるため、書面にしたり、打ち合わせを録音したりするのも良いかもしれません。

カテゴリー : コラム

「頭金はどのくらい準備したら良いのか。」
「頭金と住宅ローンの比率はどのくらいが良いのか。」
このような疑問をお持ちの方がいらっしゃると思います。

頭金の額は、今後の生活にも関わってくるため重要です。
今回は、松本市で中古住宅を購入したい方に、頭金がどのくらい必要か解説します。

□頭金について

頭金は土地や建物の購入の際に、支払う金額のうちの住宅ローンを利用せずに支払うお金のことです。
多くの住宅ローンの金利は0.5パーセントほどですが、20年から35年ほどかけてほとんどの方はローンを返済します。
購入金額以外にかかるお金は少しでも減らしたいと考えていらっしゃると思います。
しかし、返済にかかる年数が多いほど利子が増えるため、最終的に支払う金額が増加します。

つまり、頭金が多ければ多いほど、最終的に支払う金額を減らせるということです。
しかし、頭金は自分の現在の貯金額から支払うため、払い過ぎてしまうと生活で使うお金が足りなくなってしまうかもしれません。
そのようなことがないように、頭金として納める額はどのくらいが良いのか知っておく方が良いでしょう。

□頭金の計算方法とは

一般的に、住宅価格の約1割から2割を頭金として納めるのが良いでしょう。
例えば、3000万円の物件を購入する場合は300万から600万円になります。
しかし、割合で頭金を計算するのは不安だという方もいらっしゃると思います。

頭金を具体的に計算したいという方のために、頭金にするべき金額の計算方法を説明します。
まず、自分が現在持っている現金と貯金から引き出せる額を確認しましょう。
そこから、病気や休職といった問題が発生した時に必要だと考えられる生活予備費を引いてください。
生活予備費の目安は、会社員の方は生活費の3ヶ月から6ヶ月分を用意しておくと良いでしょう。

さらに、学費や車の買い替えといった将来必要だと考えられる備蓄額を引きます。
最後に、住宅購入の際にかかる税金や手数料を引きましょう。
残っている金額が頭金として納められる金額です。
生活予備費や備蓄額をいくらにするかは家族と相談して決めると、後でお金が足りないという事態を防げるでしょう。

□まとめ

今回は、中古住宅を購入したい方に、頭金がどのくらい必要か解説しました。
頭金は将来のことや住宅ローンの審査に通るか考えて、金額を決定することをおすすめします。
将来のことを見越した、無理のない返済プランを立てることが大切です。

カテゴリー : コラム

住宅を購入する際の費用には、建物と土地の購入代金以外に住宅ローンや諸費用がかかることをご存知ですか。
建物と土地の金額ばかり見ていると、予算オーバーしてしまうかもしれません。
今回は、松本市で中古住宅の購入を検討している方に、諸費用のうちの1つである登記費用について解説します。

□中古住宅の購入にかかる諸費用について

住宅ローンの借り入れ時や不動産登記時には、様々な手続きを行う必要があり、印紙税や登記費用、ローン借入費用、税金の清算金といった諸費用がかかります。
中古住宅の場合、諸費用は物件購入額の6パーセントから10パーセントが目安だと言われています。

つまり、合計すると数10万円のお金が必要になるでしょう。
どのようなことに費用がかかっているのか気になりますよね。
ここでは登記費用以外の3つについて解説します。

まずは、印紙税について紹介します。
印紙税とは、文書を作成しローン契約書や売買契約書に収入印紙を貼る時にかかります。
借入額が1000万円以上5000万円以下の場合は、印紙税を2万円払う必要があるでしょう。

次に、ローン借入費用です。
ローン借入費用とは、金融機関でもローン借入時の事務手数料や保険料、火災保険料といったものがあります。
金額はローンの種類や金融機関によって変わるため、事前にどこが良いのかを調べておくと良いでしょう。

最後に、税金の清算金です。
中古住宅は売主から購入するため、固定資産税や都市計画税は売主が肩代わりしてくれている状況です。
そのため、そのような税金を日割りした金額を売主に支払う必要があります。

□登記費用の相場とは

そもそも登記とは、入手した土地や建物の所有権が誰にあるのかをはっきりさせるための制度です。
登記を行っていないと、所有権が売主のままになり、売主と買主の間でトラブルが発生するかもしれません。
不動産登記では、所有者、所在といった情報を登記簿に記載し一般公示します。

登記費用は、登録免許税や登記簿謄本代、登記を行う司法書士への報酬といったものを合わせた金額です。
中古住宅の登録免許税は、売買による所有権移転登記の場合、建物は固定資産税評価額の0.3パーセントで、土地は固定資産税評価額の1.5パーセントです。

登録免許税は、土地と建物で評価額にかかる税率が異なることを押さえておきましょう。
また、司法書士への報酬への報酬は約4万円から20万円です。

□まとめ

今回は、中古住宅の購入を検討している方に、登記費用について解説しました。
登記費用を始めとして、諸費用には少なくない金額がかかることを押さえておきましょう。
登記費用を含めた諸費用について質問がある方は、当社に気軽にご相談ください。

カテゴリー : コラム

住宅を購入する際に、ほとんどの方は住宅ローンを組みますよね。
住宅ローンを受ける際には審査に通る必要がありますが、審査の流れや必要な資料はどのようなものかご存知でしょうか。
今回は、松木市で中古住宅の購入を予定している方に、住宅ローンについて解説します。

□住宅ローンとは

住宅ローンを受けるには、事前審査と本審査の2つの審査に通る必要があります。
事前審査では、主に物件の金額や購入者の収入、職業、勤務先といった情報を金融機関に提出し、審査されます。
金融機関によっては、収入の証明に源泉徴収票が必要になるかもしれません。

事前審査に通ると、本審査に入ります。
本審査では、正式に住宅ローンの申し込みを行うため、事前審査より詳しく確認されます。
例えば、売買契約書や工事請負契約書といった物件資料や納税証明書の提出が必要でしょう。

売買契約書のローン条項に、「一定期限までに住宅ローンの審査に通らなかったら契約を撤回できる」という記載があります。
ローンの審査は購入する物件の売買契約が結ばれてから開始します。
そのため、条項に記載されている日付までに審査に通っておく必要があります。

この日付までに審査に通らなかった場合、売買契約書が破棄されるかもしれません。
事前審査には約1週間かかり、本審査には約2週間かかるため、余裕を持って審査に申し込むようにしましょう。

□住宅ローンの審査期間を短くするには

住宅ローンのお金を貸してくれるのは、金融機関です。
金融機関は無条件にお金を貸しているわけではないため、貸したお金が返ってこないと困ります。
つまり、安心してお金を貸せる信頼性の高い人にお金を貸したいと考えているでしょう。

そのため、勤務先や年収で有利な条件を持っている人は審査に通りやすく、審査期間が短くなるかもしれません。
また、完済時の年齢が若かったり、過去に大病にかかったりしたことが無い人も信用性が高く、審査がスムーズに進むでしょう。

ほかには、現在勤めている会社での勤続年数が3年以上の人も信頼性が高いです。
そのため、フリーランスで働いていたり、クレジットカードに滞納記録があったりする場合は、審査が長引くことが多いでしょう。

□まとめ

今回は、中古住宅の購入を予定している方に、住宅ローンについて解説しました。
住宅ローンの申請には合計で3週間ほどかかり、申し込み状況によってさらに時間がかかる可能性があることを押さえておきましょう。
早いうちから準備をして、円滑にローンの審査を勧められるようにしておきましょう。

カテゴリー : コラム

これから土地を購入しようとお考えの方はいませんか。
土地を購入する際、トラブルを回避するために注意すべきことがあります。
この記事では土地を購入する際の、「契約」と「法規」に関する注意点をご紹介します。

□契約に関する注意点は?

土地を購入する際、購入者と業者は必ず契約を交わします。
契約後に業者とのトラブルが発生しないよう、事前に確認することが重要でしょう。
では、土地を購入する契約の際に注意すべきことを2つご紹介します。

*重要事項説明

契約をする際に、不動産会社から土地や取引に関する登記事項、手付金、損害賠償規定、電気やガスの整備状況などの説明を受けます。
この説明は、契約を交わす判断をする際に必要なことなので入念に確認しましょう。

説明を十分に理解できないままサインをしてしまうと、後でトラブルが起きる可能性があるので、
事前に書面をもらって目を通しておくと安心です。

*クーリングオフ

クーリングオフとは、訪問営業や十分な説明がなく契約をしてしまった場合のような、不本意な形で
契約や申し込みをしてしまった際に、契約や申し込みを解約することができる制度です。

クーリングオフは、不動産会社に対して書面を発送することで解約できます。
効力があるのは、クーリングオフ制度に関する書面をもらい、説明を受けた日から8日間経過するまでなので、十分注意しましょう。

□法規に関する注意点は?

土地を選ぶ際、環境、価格、利便性や方角などの様々な基準がありますが、「法規」を守って建物を建てなければいけません。

土地の場所を選ぶ際には、用途地域について確認する必要があります。
用途地域は、快適な暮らしや利便性を高めるために、どこに何を建てて良いかを決めたもので、住宅地、商業地や工業地などに分類されています。

その中でも多くの方が土地を探す場合、住宅地を探すでしょう。
住宅地は住居系地域という区分に定められ、さらに低層系、中高層系、住居系の3種類に分けられます。
気になる土地がどの種類の地域か確認する必要があります。

また、どんな家を建てることができるか考える際には、建築基準法における建ぺい率と容積率の基準を守らなければいけません。
土地によって条件が変わってくるので、まずは気になる土地があれば確認してみましょう。

□まとめ

土地購入の際の注意点をご紹介しました。
契約や法規は難しいことが多いので、気になることがあれば不動産会社に確認すると良いでしょう。
松本市で土地購入に関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー : コラム

「松本市で土地を購入しようとしている」
「土地を購入するメリットとデメリットが知りたい」
このようなお悩みをお持ちの方はいませんか。

今回は土地を購入することのメリットとデメリットをご紹介します。

□土地を購入するメリットは?

実際に土地を購入するメリットは様々なものがあります。
この記事ではその中から、3つご紹介します。
1つずつ紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

*好きなものを建てられる

建築条件に縛られることなく、自分が好きなメーカーを選んで建てられます。
メーカーを選べるということは、自分の予算内で理想に近くなる建物を建てられるでしょう。

マンション購入に比べて、理想の一戸建てを建てた時の満足感は高まるはずです。
しかし、建物は自由なので、予算があればアパートやマンションを建てることも可能です。

*何か起きても大丈夫

日本では地震や台風などの災害が多く発生しています。
万が一大地震が起こってしまい、建てた建物が倒壊してしまっても、購入した土地は残ります。

極端に言えば、その土地に新しく建物を建てれば、利用可能なのです。
土地を購入していれば万が一のリスクにも備えられるでしょう。

*ペットや子供を自由に遊ばせられる

マンションに比べて、近隣の方を気にしながら子育てをしたり、ペットを飼ったりする必要がありません。
音がうるさくて文句を言われることはないので、朝から晩まで自由に遊ばせられるでしょう。

しかし、ご近所迷惑にならないように最低限のマナーは守る必要があります。

□土地を購入する際のデメリットは?

土地を購入する際のデメリットも確認しておきましょう。

土地を購入するデメリットは、価格が高い傾向があることです。
比較的価格が安い空き地がありますが、電気、ガス、水道などの整備を考えると、空き地でも合計金額が高くなる場合が多いです。

また、中古家付きの土地を購入して新築を建てたい場合、解体費用や廃棄費用がかかる場合があります。

リフォームをする場合でも、家一軒分であれば安価で済まなくなり、中古家付きで安く済ませるはずが、予想がつかない費用がかかってしまうでしょう。

□まとめ

今回は土地を購入する際のメリットとデメリットをご紹介しました。
土地を購入する際の役に立つことができれば幸いです。

「松本市で土地を購入したい」
「メリットとデメリットについてもっと詳しく聞きたい」
という方は当社までお問い合わせ下さい。
満足する土地を購入していただくためにご協力いたします。

カテゴリー : コラム

「どうやって土地を探せば良いか分からない。」
「何に気を付ければ良いか分からない。」
そのような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
そんな方に、土地を探す際に心掛けるべきポイントと、いい土地を探す方法をご紹介します。

□心掛けるべきポイントは?

土地探しの際は土地だけでなく建物についても考えなくてはなりません。
その上で土地と建物の考え方の違いを理解することが必要です。

建物は長い期間で進めることが可能ですが、土地は1つの区画に1家族しか住めないため、非常に短い期間で購入することが重要です。

そのために心掛けるべきポイントを2つご紹介します。

*掘り出し物はない

土地を探す際に良い掘り出し物を探そうと考えている方が多いのではないでしょうか。
しかし、土地は公平に適正な価格になっているため、土地ごとにあまり差はありません。

一見似たような形の土地で値段に差があるような場合でも、水道の引き込みがなく、工事が必要な場合があるなど、合計の金額が変わらないということです。

また、自分の要望を満たさない場合は、予算をあげましょう。

*優先順位を決める

土地を探す際にそれぞれ、様々な希望があるでしょう。
土地を探す前にエリア、土地の広さ、日当たりやアクセスの良さなど、優先順位を立てることが重要です。

逆に言えば、どこを妥協できるかを明確にでき、土地選びがスムーズに進められるでしょう。

□いい土地を探すための方法

実際にどうやっていい土地を探すのが良いかご紹介します。

一般的にパソコンやスマートフォンを使って、インターネットからキーワード検索や不動産会社のホームページから、情報収集する方が多いでしょう。

自宅や外出先でも簡単に土地を探せるメリットがありますが、売れ残っている土地しか見つからないというデメリットもあります。

土地に関する情報をいち早く知りたい方は、不動産業者を訪ねて直接聞くことがオススメです。
インターネットに掲載されている土地だけでなく、似たような土地も紹介してくれる場合があります。

しかし、どのような建物を建てられるかまで想定して相談に乗ってくれない場合があるので、自分の理想の家が建てられる土地なのか一級建築士の方に相談してみることも必要でしょう。

□まとめ

今回は土地を探す際に心掛けるべきポイントといい土地を探す方法をご紹介しました。
土地を選ぶ際は、ぜひこのようなポイントを参考にしてみてください。
また、実際に土地を探してみたい方は1度お気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー : コラム

松本市で土地を購入予定の方で、「どのような経費がかかるか分からない」と感じている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、土地を購入する際の経費についてご紹介します。

□基本的な経費について

土地を購入する計画を立てる場合、予想以上の出費での影響で理想通りの建物が建てられない事態が発生する場合があります。
そんな事態を回避するために、どんな経費がかかるのかを十分理解しましょう。

まずは基本的にかかる経費をご紹介します。

*仲介手数料

一般的に土地を購入する際に利用する不動産会社を通じて購入した場合、土地の売買価格に対して3%+6万円の仲介手数料が発生します。
さらにこの仲介手数料に消費税もかかるので注意しましょう。

*登記費用

土地を購入する場合は所有移転に関する登記が必要です。
登記費用は、登録免許税や司法書士に払う費用が必要で、登録免許税は土地の評価額に対して計算され、収入印紙で納付します。

*ローン手数料や印紙代

土地は購入する際、ローンを利用して購入できます。
しかし、ローンを利用して土地を購入する場合は、購入金額に加えてローン手数料がかかります。
ローンを利用する場合は、手数料を考慮した上で購入金額を検討することが重要でしょう。

さらに、土地を購入する際に必要な契約書に貼付するための、印紙代も費用としてかかるので注意が必要です。

□思いがけない経費とは?

土地を購入してから建物を建てようとするときには、基本的な経費の他に、条件に応じて様々な経費が必要な場合があります。
そのような条件によって異なる、思いがけない経費についてご紹介します。

購入した土地に中古家が付属している場合には、古家の解体費用や整地費用が必要になります。
廃棄物処理費用の問題もあるため、解体費用は予想以上に多くかかるでしょう。

周囲の建物の状況によっては、解体工事による影響を調べるための家屋調査費用が必要になる場合もあります。

また、購入した土地に明確な測量図がなく、購入した土地の測量をしてもらうことがあるかもしれません。

その場合、面積に応じて費用が決まり、測量士や土地家屋調査士によって手数料が違うので注意しましょう。

さらに建物を建てる際に、その土地の地盤の強度に合った工事をするために地盤、地質や地耐力の調査を行うことは重要です。
しかし、調査の結果改良工事が必要だとされれば、新たに数百万円の費用がかかることになります。

□まとめ

今回は土地を購入する際の経費についてご紹介しました。
ぜひ土地を購入するための、資金計画を立てる際に参考にしてみてください。
当社は松本市を中心に新築、中古住宅や土地を販売しています。
土地を購入しようとお考えの方はお気軽にご相談下さい。

カテゴリー : コラム

土地を購入しようと思っているが、失敗せずに購入できるか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

人生の中で何度も土地を買う人は多くないでしょう。
せっかく土地を買うのだから絶対に失敗したくはないですよね。

今回は実際にあった失敗例と土地探しの注意点についてご紹介します。

□土地探しでの失敗例

*予算オーバー

土地を探している時点では、土地と建物で費用がいくらかかるかは正確にはわかりません。
土地購入や建物を建てる際は、登録免許税、仲介手数料、住宅ローン、登記費用、外構工事費や別途工事費などの諸費用がかかります。

しかし、これらの諸費用を考慮せずに、土地の売出し価格を見ただけで総費用を算出してしまい、予算オーバーになってしまった例があります。

*見学時と違う

実際に土地を選ぶ際は、現地へ見学に行くことが多いでしょう。
しかし、1度見学に行っただけでは分からないことがあります。

「通勤時間帯の道路は車の通りが多い」、「照明が少なく夜道を歩くとき怖い」、「駅までに待ち時間が長い踏切がある」
といった問題があることがあるため、何回か見学に行くと良いでしょう。

*売却時の損

エリアにこだわりすぎて無理に予算内におさめようと駅から離れた場所に土地を買って、何年後かに売却する際に、利便性の問題で土地の査定価格が低くなるなどの損をする場合があります。

一般的に人気のエリアでも、実際に快適な暮らしができているかイメージできなければ、他のエリアを再検討することが必要でしょう。

□失敗しないための注意点

ここまで紹介した失敗例の共通点として、全体像をイメージして考えていない、リサーチが足りていない、一時的な状況しか考えられていないことが挙げられます。

失敗例を参考に失敗しないための注意点をご紹介します。

まずは、建物のプランを考えずに土地だけを先に購入しないようにしましょう。
土地も建物もプランによってさまざまな費用がかかります。

そのため、土地と建物を一緒に考える場合は、それぞれの専門家と協力して計画を立てることが重要です。

そして、気になった土地が見つかったら、営業マンの方にリサーチをお願いしたり、近隣の方に周囲の状況を聞いてみたりするなど事前にリサーチすると、購入後のトラブルを回避できるでしょう。

また、現地には一定の時間だけでなく、できるだけ時間帯を変えて何度も足を運んでみましょう。
何度も足を運ぶことで、1度では気づかない新しい発見ができるはずです。

早い段階からいろいろな情報を仕入れておくと、土地を選ぶ際の視野が広がるでしょう。

□まとめ

今回は土地探しの失敗例と注意点をご紹介しました。
ぜひ、今回紹介した注意点を参考に土地を探してみて下さい。
もし何か土地選びでお困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

カテゴリー : コラム

222件

1 2 3 4 5 6 23