サンプロコラム
  1. HOME
  2. 不動産コラム

293 件

1 2 3 4 5 6 30

松本市にお住まいの方で
「中古マンションを探しているけどペットと住める物件があるのか分からない」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

できれば、ペットと安心した生活を送りたいですよね。
この記事では、ペットと住むことができるマンションについて解説します。

□ペット可のマンションとは?

ペットを飼っている人や将来的にペットを飼いたいと考えている人が増えています。
しかし、ペット可の中古マンションを探すのは少し大変です。
というのも、古いマンションの多くは実際にはペットを飼うことができないからです。

*マンションでのペット飼育と管理規約

分譲マンションの場合、ペットに関するルールは管理規約に定められています。
しかし以前は「周りに迷惑をかける動物の飼育は禁止」といった曖昧な規約で、どのような動物が迷惑行為にあたるのかが明記されておらず、トラブルの原因となっていました。

ペットに関するルールは、少しずつ変化しています。
最近の規約変更の背景には、ペットの増加があります。
現在は、飼っていいペットといけないペットの区分けがしっかりされています。

*ペット可か不可かを事前に確認する方法

ペットの存在は、動物が嫌いな人やアレルギーがある人の生活に支障をきたします。
建物を共有している限り、ルールを守ることが大切です。

ペットと一生暮らしたい方や逆にペットが飼える物件には住みたくないという方は、管理規約をよく読むようにしましょう。
少しでも不安がある場合は、購入前に仲介会社に相談して不安を解消することをおすすめします。

□ペットと住むためにおすすめの設備とは?

マンションの中には、ペットを飼うことができるだけでなく、動物や飼い主のための親切な設備が整っているところもあります。
こういったマンションはペットに関わる明確なルールがあることや、動物に理解のある入居者が多いことが期待できます。

ここでは、代表的な設備を2つご紹介します。
まずは、ペット対応エレベーターです。
エレベーターは、ペットを連れた人が、動物が苦手な人に遭遇しないようになっています。
ペットを連れた人がエレベーターに乗るときには、操作盤の「ペットボタン」を押すことで、他の階で待っている人にペットが乗っていることを知らせることができます。

次がトリミングルームです。
トリミングルームとはペットを飼っている入居者が利用できる共用のトリミング用スペースです。

多くのペット可マンションでは、バルコニーにペットを出ることは禁止されています。
とはいえ、浴室でトリミングをする場合は、抜け毛の多さに悩まされるでしょう。
ペット可のマンションでは、ペットを載せる台やなど専用のトリミングルームがあると便利かもしれません。

□まとめ

この記事では、ペットと住むことができるマンションについて解説しました。
ペットを飼うことができる中古マンションはまだ少ないので、気に入った物件があれば、できるだけ早く内覧することをおすすめします。

当社は、松本市周辺の物件をご紹介しています。
住宅購入についてご不明点があれば、ぜひご相談ください。

カテゴリー : コラム

「松本市で中古マンションに関心があるが、知識が無くて困っている。」
「築年数によって良し悪しが分かれるのか気になっている。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様の悩み解決に向けて、築年数によるマンションの選び方のポイントをご紹介します。
お客様の選択に是非役立ててください。

□築年数別の中古マンションを選ぶ際のポイントをご紹介します!

今回は大きく2つ、築浅・築10年までのマンションと築20年までのマンションを選ぶ際のポイントをご紹介します。
前者に関して、築浅のマンションは設備面で新築マンションと同等のものが多く、部屋の状態も良いものが沢山あります。
新築と異なり、竣工後の状態を確認してから購入できる点がメリットです。
将来、売却する可能性が少しでもある方は、売る際の苦労が少ないので築浅物件を選ぶことをおすすめします。

築10年程度になると状態に差が出てきます。
中には築浅時よりも修繕積立金の額が高くなっている場合もあるのでご注意ください。
一方で、築浅ブランドが無くなっているため価格が下がり基調になっています。予算を抑えたい方にとっては物件を見つけやすいでしょう。

後者に関して、築20年程度のマンションになると、物件ごとに状態の良し悪しが大きく変わってきます。
水回りは特にリフォームの対象時期になるので、購入前に状態の確認を行うようにしてください。
リフォーム済みの物件を買うか、リフォーム無しの物件を買うかは、購入後の資金計画も考慮して選ぶようにしましょう。

□築20~30年の中古マンションがおすすめの理由をご紹介します!

大きく2点ご紹介します。
1点目は、値崩れしにくいことです。
一般的に築20年が経過すると、多くのマンションで値下がりが落ち着くので買い時です。
加えて、これ以上年が経過しても大幅に値崩れする可能性が低いため、売りに出す場合にもコストパフォーマンスが良いというメリットがあります。

2点目は、立地条件の良い場所に建っている場合が多いことです。
駅や商業施設にアクセスしやすい場所は今も昔も人気があるので、既にマンションが建っている場合が多いです。
立地の良い場所に位置する新築マンションと比べると価格が大きく変わるので、狙い目としておすすめです。

□まとめ

ここまで、松本市で中古マンションに関心のある方に向けて、築年数によるマンションの選び方のポイントついてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
築年数が経っているからと言って一概に良くない物件と決めつけるのは早いです。
リノベーションできる物件もあるので、よく考えて選ぶようにしましょう。

カテゴリー : コラム

「松本市で中古住宅に関心があるが、知識が無くて困っている。」
「購入を検討しているが、マンションの状態に不安を抱えている。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様の悩み解決に向けて、ホームインスペクションの概要とメリットについてご紹介します。
お客様の選択に是非役立ててください。

□ホームインスペクションについて紹介します!

住宅の劣化や欠陥、改修場所を確認するサービスをホームインスペクションと言います。
調査のプロである住宅診断士が調査することで、建物の状態を把握できます。

調査箇所としては大きく7つあります。
シロアリ被害の有無、雨漏りの有無、給排水管に漏水があるかどうか、マンションにおける共用場所の利用状況、床や建物の傾き状況、水栓やトイレ・給湯器といった設備状況、構造体の現状です。
これで全てという訳ではないですが、こういった箇所を調査してくれます。
調査時間の目安としては、マンションだと2時間、一戸建て住宅であれば5から6時間程度です。

□ホームインスペクションの必要性とメリットを紹介します!

まずは必要性についてご紹介します。
少子高齢化や人口減少が進む中、既存の住宅を有効活用することで生み出される経済効果や、住替えによる生活の充実を推し進めることが国の課題として挙がっています。
しかし、中古物件をはじめとした既存の住宅は、購入前に物件の質を把握しにくいという理由で中々流通が増加しない状況にありました。

この状況を是正するために、消費者に住宅の安全性を分かってもらえるよう、インスペクションの導入が推進されています。
現在、インスペクションは義務化されており、消費者の不安解消に役立つことが期待されています。

続いてメリットに関してご紹介します。
1番のメリットとしては、消費者が家を安心して購入できるようになることです。
購入前に住宅の欠陥や工事の必要な部分を見つけることで、購入後の意図せぬ出費を防ぎ、不満なく生活できるようになります。
住まいのトラブルを事前に回避できることが大きなポイントです。

□まとめ

ここまで、松本市で中古マンションに関心のある方に向けて、インスペクションの概要とメリットについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
消費者の住宅購入後の不安を解消するために、インスペクションは大きな役割を果しています。
この機会に是非、中古マンションの購入をご検討ください。

カテゴリー : コラム

「中古マンションに関心があるが、知識が無くて困っている。」
「できるだけ費用を抑えたいので住宅ローン控除に関する知識が欲しい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様の悩み解決に向けて、住宅ローン控除の概要と受け方をご紹介します。
お客様の選択に是非役立ててください。

□住宅ローン控除についてご紹介します!

ローンを借り入れ、家を購入した際に受けられる特例を住宅ローン控除と言います。
家を購入してから一定期間、ローン残高の一部が所得税額から差し引かれるという制度です。
控除の対象となる期間と割合は、居住開始日に依存します。

条件をクリアしないと控除を受けられない点にご注意下さい。
クリアすれば新築物件や中古マンションの購入時、更には増改築の際にも控除が適用されます。

下記の2点が適用条件です。
1点目は、控除を受ける年の年間所得合計は3000万円以下であることです。
併せて、ローンの返済期間が10年以上のもので、住宅金融支援機構、銀行、信用組合、公務員共済組合、地方公共団体などから借り入れたものであることです。

2点目は、50平米以上の床面積を持つ住宅であることです。
中古のマンションであれば、耐震性能が備わっていることが必須条件です。
マンション取得から6か月以内に入居すること、その年の12月31日まで住み続けている場合にローン控除が適用されます。

□住宅ローン控除を受ける方法をご紹介します!

原則、入居した年の翌年の2月16日から3月15日に確定申告を行ってください。
初年度は必須ですが、次年度から年末調整で対応できる方は不要です。

必要書類が複数あります。
住宅ローンの「残高証明書」、源泉徴収票、本人確認書類の写し、登記事項証明書、不動産売買契約書の写しの5点です。
初年度であれば、マイナンバーカードを用いて、「e-tax」という国税庁が運営するシステムで申請できます。

築20年を超えた中古一戸建て住宅や、築25年以上の中古マンションの場合、住宅性能評価書か耐震基準適合証明書の写しが必要になる場合があります。
追加費用が発生する場合があるのでご注意ください。

□まとめ

ここまで、松本市で中古マンションの住宅ローン控除に関心のある方に向けて、住宅ローン控除の概要についてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
住宅ローン控除は非常に魅力的な制度ですが、適用条件がしっかりしています。
必要書類も複数あるので、事前に用意しておきましょう。

カテゴリー : コラム

中古物件を購入する際に何から始めれば良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。
わざわざ購入するならトラブルを避けてスムーズに進めていきたいですよね。
松本市で中古マンションの購入を検討されている方へ向けて今回は、購入までの流れと知っておくべき注意点についてご紹介します。

□中古マンションの購入の流れをご紹介!

購入する際に行うべき工程を5つに分けて紹介します。
1つ目は、自分たちの希望に沿って物件を探すことです。
方法としてはインターネットや不動産会社を通して探すのが一般的です。
予算や周辺の環境など、自分たちの優先したい条件を考慮しながら進めるようにしましょう。

2つ目、は購入を申し込むことです。
契約を結ぶ前に購入したいことを示すために予約をします。
中古物件の場合は複数の不動産会社が取り扱っていたり、他に同じものがなかったりといった特徴があることから、気に入った物件があればできる限り早く申し込むことをおすすめします。

また、物件の支払い方法や住宅ローンの有無もこの段階で決めていきます。
住宅ローンを組む際は物件を決める前と決める前にそれぞれ審査に通すようにしてください。
前後の審査では、物件を見て借入金額の上限を判断したり、物件に問題がないかどうかをチェックしたりします。

3つ目は、売買契約です。
ライバルなどの障害がなければ売主との間で購入契約を結びます。

4つ目は、住宅ローンの申し込みです。
中古物件を購入するための資金を借り入れることが目的です。

5つ目は、費用決済・引き渡しです。
契約を結び、問題がなければようやく自分たちの新しい住まいを手に入れられます。

□中古マンション購入時の注意点をご紹介!

松本市で中古物件を購入してリノベーションする際に押さえておきたいトラブルを避けるためのポイントを3つに分けて紹介します。

1つ目は、他の物件と比較してから購入に移ることです。
良さそうな物件を見つけて勢いで申し込みをした後に、もっと良い条件の物件が見つかるケースは少なくありません。
また、途中で止めるとなると違約金として手付金の支払いを求められる場合もあるため注意が必要です。

2つ目は、リフォームをするかどうか決めておくことです。
中古の物件である場合、設備の劣化などで住む始めてからの生活に支障が出ることが考えられます。
リフォームをするタイミングによって契約内容が変更するため、購入前にリフォームをするべき箇所があるのか確認しておくことが大切です。

3つ目は、リフォームローンの金利に気を付けることです。
マンションのリフォームをする際には、住宅ローンとは別にリフォームローンを組むことになります。
リフォームローンは返済期間が短く金利が高いという特徴があるため、返済額を抑えたい方は住宅ローンとリフォームローンをまとめて借りられるものがおすすめです。

□まとめ

今回は松本市で中古マンション購入をお考えの方へ、購入までの大まかな流れと購入前に知っておきたい注意点についてご紹介しました。
お気に入りの物件に出会うためにも、自分たちの譲れない条件の優先順位を明確にして複数の物件を見比べるようにしましょう。
皆さんが素敵な生活を手に入れられることを心から願っています。

カテゴリー : コラム

松本市で中古マンションを購入してリノベーションしたいとお考えのかたもいらっしゃるでしょう。
リノベーションには自分たちの好みを反映させられる以外にもメリットがあります。
そこで今回は、中古マンションをリノベーションする際のメリットと利用する際に気を付けるべき注意点についてご紹介します。

□リノベーションのメリットをご紹介!

松本市でリノベーションをすると得られる3つの良い点について紹介します。

1つ目は、自分たちの住まいを自由に変えられる点です。
ライフスタイルやこだわりたい場所に応じて間取りやデザインを自分好みに作り上げられます。
また、既存の住宅やマンションであれば需要の高いシンプルな内装が多いですが、リノベーションであれば自分たちの好みの形を表現して唯一無二の住まいを作り出せます。

2つ目は、新築よりもコストが抑えられる点です。
同じ条件でのマンションであれば、新築を購入するよりも中古マンションをリノベーションする方が費用を安く済ませられる傾向にあると言われています。

3つ目は、物件の選択肢が多い点です。
新築物件の場合、希望のエリアが決まっていてもなかなか自分たちに合った条件の物件を見つけられません。
一方で中古物件の場合であれば好立地の所にも数多く存在しているため、自分たちの条件を妥協して選ぶ必要がなくなります。
例えば駅近や周りへのアクセスのしやすさなどが好立地の例として挙げられます。

□リノベーションをする際の注意点についてご紹介!

松本市で中古物件をリノベーションして理想の住まいを完成させるために考慮すべき3つのポイントを紹介します。

1つ目は、自分たちの要望を整理することです。
リノベーションを通して自分たちの理想の形にしていく場合、希望の間取りや好みの雰囲気を考えて明確化することが大切です。
1日の過ごし方をイメージして生活動線も考慮し、どうすれば快適に過ごせるのかをまとめておきましょう。

2つ目は、資金計画を立てることです。
ローンで借りる必要のある金額や自己資金としていくら準備するかを明確にするようにしましょう。
また、物件購入とリノベーションにかかるそれぞれの費用をどれぐらい充てるのかも決めておくと後々足りなくなるといったトラブルを防げます。

3つ目は、リノベーションに関しての優先順位を決めることです。
水回りや家族が集まるリビングなど、優先したいリノベーション箇所を明確にしましょう。快適に過ごしたい個所やこだわりたい部分がはっきりしていれば、予算を超えてしまっても削るべき項目が見えてきます。
家族や同居する人と話し合いを行い、お互いの考えを一致させておくことも後悔をなくすために大切です。

□まとめ

今回は、松本市で中古マンション購入を検討されている方へ向けて、リノベーションによって得られるメリットと注意点についてご紹介しました。
中古物件ならではの特徴やメリットを生かすことで、価格を抑えながら理想のマイホームを手に入れられます。
皆さんが素敵な住まいを手にするための手助けになれば幸いです。

カテゴリー : コラム

中古マンションをできるだけ安く購入したいとお考えの方は多いでしょう。
実は、マンションを購入する際に条件を満たしていると補助金を得られます。
この記事では、松本市の不動産会社がマンション購入時の補助金や減税制度について詳しく解説します。

□住宅ローン減税とは?

中古マンションを購入する際に受けられる減税制度の1つが住宅ローン減税です。
これは、住宅を購入した際に、10年以上の住宅ローンを組むことで、税制面で優遇を受けられる制度のことで、住宅ローン控除とも言われます。

この制度では、住宅ローンの年末残高の1パーセントが所得税から控除されます。
例えば、年末に2000万円の残高があると、20万円分控除されます。
ただし、この制度は、入居した年から10年間しか利用できないため注意が必要です。

また住宅ローン減税の適用には、いくつかの条件があります。
中古マンションを購入する際は、控除を受ける人の所得金額が3000万円以下、一定の耐震基準をクリアしている、などの条件を満たす必要があります。
それらの条件が1つでも欠けると控除されません。

□すまい給付金とは?

次に、中古マンションの購入時に受けられる給付金の1つであるすまい給付金について説明します。
これは、消費税の増税に合わせて導入された制度で、最大50万円の給付を受けられます。
また、この制度は所得税の増税による影響を受けやすく、所得が少ない人ほど給付額が大きくなるのが特徴です。

この給付金を受けるためには、対象者と家に関する条件があります。
対象者の条件は以下の3つです。

1つ目は住宅を取得しており、自分で住んでいることです。
2つ目は収入が一定以下である(目安は775万円以下)ことです。
そして、3つ目は住宅ローンを利用しない場合は50歳以上であることです。

また、家については2つの条件があります。
1つは床面積が50平方メートル以上であること、もう1つは第3者の現場検査を受け、以下のいずれかの条件に該当することです。
それらの条件は以下の3つを指します。

・既存住宅売買瑕疵保険への加入
・既存住宅性能表示制度を利用
・築10年以内で既存住宅瑕疵保険に加入または既存住宅性能表示を利用

□まとめ

今回は中古マンションを購入する際に受けられる税制度と給付金について詳しく解説しました。
それらを積極的に利用することでお得に住宅を手に入れられます。
税制度や給付金についてしっかりと理解し、賢く住宅を購入しましょう。

カテゴリー : コラム

「中古マンションはどのように選べば良いのかな」
このようにお考えの方は多いと思います。
そこで、この記事では中古マンションの選び方のポイントについて松本市の不動産会社が解説します。
ぜひ参考にしてください。

□中古マンションの物件探しを始める前にしておくべきこととは

中古マンションの物件探しをする前に、準備しておきたいことがいくつかあります。
ここでは、準備について3つ紹介します。

1つ目は目的や希望を設定することです。
まず、購入の目的を明確にすることから始めましょう。
現在や将来の生活スタイルから絶対に外せないポイントを設定した上で、さらに希望条件を追加していくと良いでしょう。

2つ目は希望条件を洗い出すことです。
希望条件をリスト化して、優先順位をつけていきます。
すべての希望条件を満たすことは難しいため、ここで妥協できる点を明らかにしておきましょう。

3つ目は予算計画を立てることです。
予算は自己資金と借り入れ可能な金額を足し合わせたものから、住宅ローンの借り入れ費用や印紙税などの諸費用を引くことで計算できます。
ここで、中古マンションの場合、物件の購入費に加え、リフォームやリノベーション費が必要となる場合があるため注意が必要です。

□見落としがちなチェックポイントとは

ここでは、中古マンションの物件探しにおいて見落としがちなチェックポイントを2つ紹介します。
物件探しの際にぜひお役立てください。

まずは災害リスクです。
日本は地震大国のため、地震や津波が発生した時のことを考えることが重要です。
災害リスクは各自治体が公開しているハザードマップで確認できるため、希望の物件がどのような土地かを把握しておきましょう。

また、マンションの耐震基準と部屋の海抜について考えることも大切です。
耐震基準は、新耐震基準であるかどうかを確認しましょう。
津波や洪水などの水害リスクを考えると、海抜の高い部屋を選ぶことも重要な点です。
同じマンションでも、階がより上の部屋を選ぶことは水害リスク対策にもなります。

次は物件の市場価格です。
物件の市場価格は、最近では透明化されつつあります。

また価格は市場性、費用性、収益性の3つの要素で決まります。
これらの要素のベースには市場価格があり、物件の用途により価格設定が変わります。
可能であれば、3つの要素すべての情報を集めましょう。

□まとめ

今回は中古マンションの選び方のポイントについて詳しく解説しました。
購入後、安心して過ごせるマンションを選ぶために上記で説明した点に気をつけましょう。
中古マンションを購入する際にこの記事が参考になれば幸いです。

カテゴリー : コラム

中古マンションの購入には手付金が必要であることをご存じですか。
手付金がかかることを知っていても、それがいくら必要かを知っている方は少ないでしょう。
この記事では、松本市の不動産会社が手付金について詳しく解説します。

□手付金について紹介します!

まず、そもそも手付金がどのようなお金なのかを説明します。
手付金の概要、申込金や頭金との違い、手付解除について分かりやすく解説するのでぜひお役立てください。

手付金とは、不動産の購入時に買主が売主に支払うお金のことです。
このお金の受け渡しによって、売買契約の成立や信頼性などが保証されます。
一般的には、売買契約を交わす際に支払います。

次に、申込金や頭金との違いを説明します。
申込金は申込時に購入の意思を明確にするため、不動産会社へ支払うお金です。
売買契約が締結されない場合は返金されます。

一方で、頭金は物件の購入方法を分割払いとした時に必要となるお金です。
多くの方が、最初の支払いで、ある程度まとまった金額を払います。

最後に手付解除について説明します。
手付金は、何らかの理由によって売買契約を解約する場合に違約金として扱われ、これを手付解除と言います。

□手付金の相場とは

手付の金額は、買主と売主の合意で決められますが、一般的には不動産価格の5から10パーセントとされています。
手付金の基準は宅地建物取引業法で定められており、不動産会社を介した売買では代金の20パーセントが上限となっています。
しかし、物件や契約によって金額は変わるため、契約内容をよく確認しましょう。

そして、手付金は先程述べたように、売買契約を締結するタイミングに支払います。
具体的には、売主の倒産リスクを踏まえ、原則契約日に現金で支払うこととなっています。
手付金のためのローンは組めないため、ある程度の自己資金が必要となります。

手付金の上限は不動産価格の20パーセントとされていますが、下限は設定されていません。
また、仲介会社が入らない場合は売主が希望する金額を提示することもあります。
そのため、自己資金をそれほど持たずに住宅を購入しようとしている方には、手付金は住宅購入における大きな問題かもしれません。

□まとめ

今回は手付金の相場について詳しく解説しました。
手付金は一般的には不動産価格の5から10パーセントとされていますが、契約内容によって異なります。
また手付金は契約時に必要なため、中古マンションの購入をお考えの際は注意しましょう。

カテゴリー : コラム

「中古マンションに住み替えたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
この記事では、松本市の不動産会社が住み替える際の手順や注意点を詳しく解説します。
ぜひ参考にしてください。

□中古マンションへ住み替える際の手順とは

中古マンションへ住み替える際は、購入する前に住んでいる物件を売却する必要があります。
以下で、住み替えの手順について売却と購入に分けて詳しく説明します。

まず、売却の手順についてです。
手順は、価格査定、売却活動、契約と進めるのが大まかな流れです。
価格査定では、査定を依頼する前に自分で相場を確認しておくことが大切です。
この査定が終われば、予算を決めたり、内覧の準備をしたりなどの売却活動を始めていきます。

次に、購入の手順についてです。
この手順は、物件探し、売買契約、ローンの手続き、残金の支払い、引き渡しと進めます。
これらの中で、最も時間を要するのが物件探しとローンの手続きです。
どちらも1か月程度かかることを見込んでおくと良いでしょう。

もし、マンションを購入する際に、現在の住宅の売却が済んでいないと、一時的に二重にローンを組む必要があるかもしれません。
この場合は、住宅ローンの審査がより厳しくなる可能性があります。

□中古マンションへ住み替える際の注意点とは

住み替えに失敗すると余計な費用や時間がかかります。
以下で紹介する3つの注意点を押さえ、住み替えで失敗しないようにしましょう。

1つ目は売却価格の設定です。
現在の住居を少しでも高く売却しようと価格を高めに設定してしまうかもしれません。
しかし、そうすることでスムーズに売却できず、資産価値が下がる可能性があります。

そのため、似ている条件の物件の相場を調べ、把握しておきましょう。
また、現在の住居を売却してから新居を契約すると、焦らずに売却価格を設定できます。
納得のいく価格で売れない場合は、賃貸に出すという方法を考えてみるのも良いでしょう。

2つ目は売却と購入のタイミングです。
これらが上手く進まないと、費用や時間が余計にかかってしまいます。
この対策としては、先程も述べたように旧居を売却してから新居を購入することが大切です。
売却後、すぐに新居を購入できるよう、希望の条件や予算を明確にし、物件をこまめに確認するようにしましょう。

□まとめ

今回は中古マンションへ住み替える際の手順と注意点について詳しく解説しました。
住み替えには、大きな費用、手間、時間がかかります。
そのため、上記で説明した住み替えの手順と注意点についてよく理解し、効率よく住み替えができるようにしましょう。

カテゴリー : コラム

293件

1 2 3 4 5 6 30