サンプロコラム
  1. HOME
  2. 不動産コラム
  3. 2016年10月

5件

家を建ててから10年ほど経つと、徐々に劣化症状などが出てきて、住宅をリフォームするといった人が増えてきます。
実際に、リフォームを行う理由として一番多く挙げられるのは、上記のような住宅の老朽化という理由です。
ただ、リフォームが広まったのは、戦後になってからで、それ以前はリフォームではなく、住宅の建て直しが行われていました。
戦後になってリフォームが広まり始めた理由としては、建物の耐用年数が長くなったからです。
また、リフォームすることを前提に家を建てるようになってきたため、リフォームをしやすい住宅が増えたからでもあります。
そこで、今回は戦後から現在にかけて流行しつつあるリフォームについてご紹介していきます。
そもそもリフォームのメリットとデメリットはどのようなものが挙げられるのでしょうか?
まず、メリットとしては、家そのものを壊さずに済むので、慣れ親しんだ家の面影を残したまま、設備を新しく出来るといった点が挙げられます。
建て替えとなってしまうと、以前とは全く別の家のようになってしまいますが、規模の小さいリフォームだと、機能性の高いシステムキッチンに変えたり、お風呂の床をリフォームして、滑りにくく、安全なお風呂場にするといったことを現在の家の面影を残しつつ実現することが可能になっているのです。
次のメリットとして挙げられるのは、予算や希望に合わせて、リフォームの内容を選ぶことができるという点です。
リフォームには、10万円から2000万円ほどまでと、非常に幅広い予算となっており、ほんのわずかな部分のリフォームから、家全体をリフォームするといった内容も選択できるということを意味します。
一方で、デメリットとして挙げられるのは、建物の構造によって、間取りを自由に変更出来ない可能性があるということがデメリットとして挙げられます。
リフォームは建物の基盤となる土台や柱を残しておかなければならないので、このような制限がかかってしまいます。
ですので、間取りなども変えたいという場合であれば、建て替えを検討してみるのも良いでしょう。
このように、リフォームは建て替えに比べ、手軽に行うことができ、幅広い選択肢があるというのが大きなメリットとして挙げられます。
これらのことを踏まえた上で、建て替えとリフォーム、どちらが予算や条件と合っているのかをご検討ください。

カテゴリー : コラムリフォームのメリットとデメリット はコメントを受け付けていません

家をきれいにしたり、より快適に過ごせるようにする手段として挙げられるのが、リノベーションとリフォームですが、具体的にどういった違いがあるのかご存知でしょうか?
まず、リフォームについてですが、リフォームには古くなったものを元に戻すといった意味があります。ですので、基本的には壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることをリフォームと言います。具体的には、外壁の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどが挙げられます。
一方で、リノベーションは、今あるものや建物に対して大規模な工事を行うことで、新築以上のものにしたり、性能や価値を高めたりすることを指します。
具体的には、日当たりを良くしたり、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、壁を取り払ったりといったことが挙げられます。
リノベーションはリフォームとは違い、デザイン性も重視しているので、海外のようなおしゃれな雰囲気を演出したりすることができ、住む人の好みのデザインを取り入れられるといった点も大きな特徴として挙げられます。
そして、決定的な両者の違いは、工事の規模の大きさです。
例えば、壁紙の張り替えといった、規模の小さい工事はリフォームに分類されることが多く、壁を取り払うといった、規模の大きな工事はリノベーションに分類されます。
また、リノベーションは自分の好みの間取りやデザインを取り入れられるため、安い物件を買って、リノベーションすることで新築のように、かつ、自分好みのデザインの家にするといったことをする方もいらっしゃいます。
もちろん新築でも自分の好みを取り入れることはできますが、その分コストがかかるといったデメリットもございます。
しかしリノベーションなら、既存の建物を活かしながら改良することができるので、自分好みの住宅を手に入れることができ、それでいて新築を買うのと同等、むしろそれより低い費用で済む場合もあります。
リフォームとリノベーション、どちらを行うかは金銭的な問題や好み次第ですが、もし現在お住まいの住宅に不満やこうしたいというような願望がございましたら、ぜひ一度相談してみてください。

カテゴリー : コラムリフォームとリノベーションの違い はコメントを受け付けていません

主婦は料理や食器洗い、食器の片付け、買ってきたものを冷蔵庫に収納したり、掃除をするなど、キッチンですることが多く、毎日長い時間キッチンで過ごすことになります。
そのキッチンが使いにくく、快適に過ごすことのできない環境だと、家事の効率は下がり、作業がはかどらなくなります。
ですので、キッチンを選ぶ、もしくはリフォームする際には、快適に過ごすことができるようにするために押さえておきたいポイントがいくつかあります。
まず第一に、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる空間づくりが重要です。
キッチンは水を使い、さらに冷蔵庫もあるので冬は寒く、一方で料理のために火を使うので夏は暑いという非常に厳しい環境であると言えます。
そんなキッチンの環境を快適にするために、器具を揃えるといった環境づくりは積極的に行いましょう。
例えば、IHクッキングヒーターを導入することで、火を扱わなくてすむため、キッチンが暑くなりにくく、夏場の料理も多少は快適になります。
また、IHクッキングヒーターはその形状から、料理をした後の掃除もふきんでひとふきするだけですので、掃除に手間がかかりません。
さらに、洗浄機を取り入れることで、食器洗いの手間が激減し、冬場の水洗いによる寒さや手荒れを防ぐことができることに加え、水の使用量が手洗いよりも少なく済むので、節約にもつながります。
このような、キッチン環境を整えるだけでなく、長時間過ごしても疲れない工夫をしておくことも大切です。
例えば、キッチンに腰掛けながら作業できる場所があると、立ちっぱなしで作業をしなくてすむため、疲労度が大きく変わってきます。
また、料理の合間の休憩や、ちょっとした物の置き場としても活用できるため、キッチンに椅子を置くという工夫も非常に大切です。
カウンターキッチンやアイランドキッチンにリフォームすれば、家族と会話をしながら料理ができるので、家族間のコミュニケーションの促進にも役立ちます。
このように、キッチンをリノベーションしたり、一工夫するだけで大きく作業効率や、疲労度が変わってくるので、一度キッチンのリフォームなどを考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー : コラムキッチンで快適に過ごすために はコメントを受け付けていません

今回も前回同様、中古住宅を購入する際に意識しておくべきポイントについて書いていきます。
前回は築年数と資産価値の関連性について書いていきましたが、実は建物の状態は、築年数と比例しない場合も多いにあるのです。
例えば、築20年の物件でも、状態がよく建物の価値として高いものもあれば、10年でも保存状態が悪かったためにか値が低くなってしまっているものもあります。
ですので、中古住宅を購入する際は、必ず、築年数や見た目の印象だけでなく、冷静に建物の状態を見極める必要があるのです。
しかし、目に見えない部分なので、どのようにしたらいいかわからないという方も非常に多いのではないでしょうか?
今日はそんな方々のために、素人でも建物の状態を知ることができるポイントについて書いていきます。
まず初めに「家歴書」があるか否かを確認しましょう。
家歴書とは「どのように家がつくられて」「どのようなメンテナンスが行われているか」といったものを記入しているものです。
いわば、住まいの履歴書のようなものですが、これをみて十分なメンテナンスが行われているかどうかで家の状態をある程度把握することができます。
ただ、こういった家歴書がない場合も多いにあります。
その場合はお金はかかりますが「ホームインスペクション」を頼むという方法があります。
ホームインスペクションとは住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が第三者の立場から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、回収すべき箇所やその時期、費用についてアドバイスを行ってくれる業務のことです。
これを行うことで、現在の正確な状況をしることができるので、掘り出し物に見えるが、一度状態を確かめたい時には是非利用してみてください。
いかがでしたでしょうか?
中古の物件では、安い代わりに色々なリスクが付いて回ります。
新築よりは安い金額ですが、それでも高い買い物だからこそ慎重に選んで購入したいものですね。

カテゴリー : コラム中古住宅を買うにあたり意識しておくべきポイント〜part2〜 はコメントを受け付けていません

住居用の住宅を購入する際の一つの選択肢として、中古住宅の物件が挙げられるのではないでしょうか?
リノベーションの費用を含めても、新築を買うよりも安く、かつ快適に住むことができるということで、選択肢として入れる方も多いでしょう。
そして、住宅を購入するほとんどの方が、購入した住宅の資産価値について心配されています。
ですので、今回はその住宅の資産価値について書いていきます。
大きく分けると住宅は「土地」と「建物」で構成されています。
ですので、住宅の資産価値もこの二つの影響を受けることになります。
それぞれについて見ていきましょう。
まず「土地」における資産価値ですが、これは景気・経済動向に大きく左右されます。
また、その地域の環境変化により大きく変動することがあります。例えば、都市計画の変更、まちづくりの方針の変更などにより、影響を受けることがあるでしょう。
土地の価格が安い時に買い、高い時に売ることができれば、実際に築年数が経っているにもかかわらず、買った値段より高い価格で売れることもありますし、その逆もあり得るので注意が必要です。
次に「建物」における資産価値ですが、こちらは土地とは違いある程度の計算がたちます。
具体的には、新築した時に一番価値が高く、建物が古くなるに従って資産価値も下がります。
ただ、その下がり方は一定ではなく一般的に以下の法則に従って下落していきます。
新築から5年は急激に価値が下がり、
6~10年で少しそれが緩やかになり、11年目以降はさらに緩やかになります。そして、15年以降はそれほど下がりません。
もちろん、例外はありますが一般的には上記のフローを辿っていきます。
ですので、中古住宅を購入する際には 上築5年を超えた物件、それもできれば10年を超えた物件が有利であると言えますね。

カテゴリー : コラム中古住宅を買うにあたり意識しておくべきポイント〜part1〜 はコメントを受け付けていません

5件

2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー